RoboTech

The University of Tokyo

ロボット「Groza」

2018-06-12 豊島rc-2017

ГрозаとはNHK学生ロボコン2017においてRoboTechが制作したロボットの名称である。 最速で「APPARE!」を達成することを基本に、様々な戦術を実現するための機能を有する。

groza1

Грозаの機構

足回り

足回りには自作高摩擦タイヤを採用した。 高加速度や高速走行時の安定性を獲得し移動時間を短縮した。 また、精度の高い制御で再現良くディスクを射出可能である。

groza2

射出機構

ベルトを用いたディスク射出機構を左右に2つ配置した。 それぞれに回転機構がついており、独立に別のスポットを狙って射出することが可能である。 25kgという制限の中で、車体や射出機構の剛性を上げることにより毎回安定して射出することが可能である。 射出機構と共に回転する装填機構により高速な連射を行うことが可能である。

groza3

Грозаの制御

Kinectを用いて自動照準を行った。 チームメンバーが装填や作戦遂行に専念することと調整を容易にするためである。 対戦形式の大会であり流動的に変化する戦局に対応する必要から手動での操縦が可能である。

groza4