m01工学部丁友会は五月祭で【東大で理系の恋愛を語ろう】なる企画を実施!

 

理系が恋愛するには、理系における性別人口のアンバランス、理系特有の思考法・価値観、研究・労働時間の長さ、研究室に閉じこもりがちな傾向など、様々な障壁があります。しかし、これまで理系が充実した恋愛をするために必要なセオリーについては、深く論じられてきませんでした。そこで今回は、理系の事情に詳しい講師に、理系の恋愛について論じていただくことで、そのセオリーを探っていきます。

 

以下の項目に興味がある方は是非!

  • 理系女子がハッピーな結婚をするには?
  • 理系男子が恋愛するには、どういうことを心がけるべきか?
  • 理系の恋人と上手く付き合うには?

ニコニコ生放送の学術チャンネルにて放送が決定しました!

以下よりぜひご予約ください!!

 

 

■ 講師

高世えり子:漫画家。理系男子との恋愛について描いた漫画「理系クン」で有名

内田麻理香:サイエンスライター。東大応用化学科出身で理系女子ならではの視点で執筆活動中

瀬地山角:東大教授。ジェンダー論が専門で駒場キャンパスでの授業が学生に人気
(パネルディスカッションで、ジェンダー論の観点から理系の恋愛を分析)

 

 

■ 内容

○講演

高世えり子「理系男子にお願いしたいこと、付き合い方」

内田麻理香「理系女子と結婚」

 

○パネルディスカッション「工学系の学生300名に聞きました~データでみる理系の恋愛~」

 

丁友会は、工学系の学部生・院生300名以上に恋愛アンケートを行いました。
その結果をゲストの高世えり子様、内田麻理香様、瀬地山角様に分析していただきます。

まず、理系の恋愛環境についての現状を、次に恋人がいる人といない人で何が違うのか比較、
そして、恋人ができた後の悩みについて取り上げ、分析と議論を行います。

 

■ また、当日はニコ生を用いてネット放送を行う予定です。

当日までtwitter(@ut_tuk),facebook等を用いて情報を発信していく予定です。

拡散のほうもよろしくお願いします。

また今後質問を応募するフォームを設ける予定です。

講師に聞いてみたいことを記入し、送信しましょう。

 

 

日時 2013/05/18 15:30~17:30
(受付開始: 15:00)
場所 東京大学法文2号館2階文学部1番大教室
(最寄駅: 丸ノ内線「本郷三丁目」 南北線「東大前」 千代田線「根津」より徒歩5分)http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html
料金 無料
対象 高校生, 大学生, 社会人
(興味がある人なら誰でもオッケー)
主催 東京大学工学部丁友会
諸注意 当日は非常に混み合う恐れがあります。
係員の誘導に従っていただくようご協力お願いします。

 

  Tokyo trip planner Tokyo – car rental .