2011年度NHK大学ロボコンにおいて東京大学RoboTechは、
全試合完全勝利(ロイ・クラトン)を達成し6年ぶりの優勝を果たしました。

予選第1戦 対名古屋工業大学 ロボコン工房 300(1:32LK) – 18
予選第2戦 対崇城大学 崇城ロボストロ 300(1:24LK) – 30
準々決勝 対三重大学 M^3RC 300(1:32LK) – 100
準決勝 対新潟大学 科学技術研究部 300(1:27LK) – 40
決勝 対長岡技術科学大学 STARMINE 300(1:23LK) – -8

国内大会で優勝した東京大学RoboTechは
ABU Robocon 2011(アジア太平洋ロボコン)
に出場し、日本代表として他の国のチームと対戦しました。
予選リーグは勝ち進みましたが、準々決勝戦でフィールドの誤差に苦しみ、地元タイのチームに敗退しました。

予選第1戦 対ネパール 300(1:18LK) – 38
予選第2戦 対インド 300(1:06LK) – 38
準々決勝 対タイ1 50 – 300(1:04LK)
準々決勝(再戦) 対タイ1 100 – 300(1:21LK)

またこの大会では、東京大学RoboTechの高い技術が評価され、ロボコン大賞を受賞しました。